TOEFL

『総力戦』でTOEFL100点を突破するまで|第1話: 勉強時間と期間

toefl-ep1

ITエンジニアの僕が、TOEFL100点超えに挑戦しました。
必ず達成するために、
英語力のみならず経済力、情報力、人脈なども駆使して挑んだ時の記録です。

総力TOEFL

 

  • 「TOEFLで100点を取るには、何ヵ月必要か?」
  • 「日々の学習ペースは?」
  • 「何がなんでも100点を取りたい!目指すべきスコア配分は?」

 

この記事を読めば、上記のような疑問(TOEFL100点突破に必要な準備期間・学習ペース・スコア配分)がクリアになります。

特に僕のように仕事がある社会人は、学生さん・留学準備中の方々とは異なり、毎日3時間も4時間も英語に時間を割くことができません。
そんな時間に限りがある「日本の社会人」にとって、無理なく効率的に進められるTOEFL100点突破への道標を示したいと思います。
※6分で読めます。

準備に必要な期間は?

  • 100点超えなら、3~8ヵ月程度を見ておくべき
  • リーディング&リスニングの地力アップは必須
  • TOEFL特有の単語は「TOEFLテスト英単語3800」で覚える

3~8ヵ月程度の中長期戦を覚悟する

TOEFL100点とはつまり、世界のエリートたちの英語力です。
実際にアメリカ名門大学の多くは、入学条件にTOEFL100点以上を求めています。
コチラによると、僕でも知っているような超有名大学(マサチューセッツ工科大学・スタンフォード大学・UCLAなど)もその1つです。

英語圏に長く住んでいれば到達できるわけではありません。
例えばカナダに約4年住み、オンライン英会話講師をしている知り合いも未だに90点台です。

僕自身も、TOEFL100点は英検1級やTOEIC900点台よりも1~2レベル上であると感じています。

英検 TOEIC TOEFL
100~
英検1級 950~990 90~99
900~945 80~89

※僕はTOEICで満点を取ったことがないため、あくまでも個人的所感による換算票です。

 

1~2ヵ月のTOEFL対策で100点を達成できる、才能と時間に恵まれた人たちがいるのも事実です。

しかし僕のような社会人は、TOEFL対策に毎日何時間も費やすことはできません。
現実的なプランとして、3~8ヵ月程度の中長期戦を覚悟し、腰を据えて勉強するとよいでしょう。

 

文法力を完成させることに時間を費やす

TOEFL100点以上を目指すなら、最も時間を割くべきは英文法の強化。
語彙力や試験慣れは、その次です。

アカデミックな英語の運用能力を測るTOEFLで得点するには、本質的(essential)な英語力が必要です。
自身の経験からも英文法を愚かにしている限り、特に100点の壁が越えられないと感じます。

英文法にフォーカスし、効率よく対策を進めていきたいのです。

高い英文法力は、言うまでもなく、まずリーディングスコアにつながります。
次いで、(音に慣れる練習も必要ですが)リスニングスコアが自然と追従します。
アウトプット技能についても、特にライティングで高得点を取るために、英文法は欠かせません。

人によりますが、文法力の完成には3ヵ月程度は見ておくべきです。

時間がない、もしくは基礎固めに注力する勉強が嫌いな場合は、外部の助けも借りましょう。
闇雲に勉強して時間を浪費することは、社会人にとって最も避けたいことですからね。

一例として、「Liberty English Academy」はTOEFL100点越えの実績が多数あります。
全体として平均3~6ヵ月間、また日々のが学習も1~1.5時間でよいため、社会人でも継続できます。
※僕自身もここで文法力を著しく伸ばし、TOEFL100点の壁を打ち破ることも出来たので、通ってよかったと思っています。

時と場合によっては英語力以外のリソースも使いながら、TOEFL100点突破を目指していきましょう!

 

    単語対策は「TOEFLテスト英単語3800」

    TOEFLにおける単語対策は、英検と比べると重要度は低いかもしれません。
    しかし、TOEFL特有のアカデミックな単語を知っている方が、戦いが有利になるのは当然です。
    例えば、以下のような単語を覚えておきたいです。

    <TOEFL頻出・アカデミック単語例>

    algae: 藻類
    fungus: 菌類
    invertebrate: 無脊椎動物
    rodent: げっ歯動物(ねずみ、うさぎなど)

     

    対策本は「TOEFLテスト英単語3800」だけでOKです。
    みんなこれを使っています。

     

    100点取得への、現実的なスコア配分

    • R:27, L:27, S:22, W:24
    • リーディング&リスニングの合算で、54点(9割)
    • 独学でのスピーキング高得点は期待薄
    • シンプルなライティングで、24点(8割)

    R:27, L:27, S:22, W:24

    僕たち日本人がTOEFL100点を目指す時の、現実的なスコア配分は以下の通りです。

    セクション 単語暗記
    リーディング(R) 27 / 30
    リスニング(L) 27 / 30
    スピーキング(S) 22 / 30
    ライティング(W) 24 / 30
    合計 100 / 120

     

    R&Lの合算で、54点を稼ぐ

    TOEFL対策では、リーディング&リスニングを重視してください。
    理由は2つあります。

    1. 多くの日本人にとって、リーディング&リスニングは高得点が取りやすいため

    義務教育から一貫してリーディング&リスニングに重点を置いた英語学習を続けてきた僕たちは、この2セクションに強みがありスコアが伸びやすいです。
    逆にいうと、アウトプットの練習は少なかったため、スピーキング&ライティングで点数を伸ばすにはより多くのリソースが必要になります。

     

    1. TOEFLの仕組み上、リーディング・リスニング力がないと、スピーキング&ライティングの点数も上げられないため

    TOEFLのスピーキング&ライティングは、他の試験と違って完全にユニーク。
    アウトプット力を測るスピーキング&ライティングにも、実は高いリーディング・リスニング力が求められます。

    例えば、スピーキングのTask2はこんな感じです。

    参照元: Learn Toefl With Daniel

    (1) 1分間程、英文を読む。
    (2) 1~2分間、英語を聞く。
    (3) 読んだ・聞いた内容を、1分間で要約する。

    つまり読む・聞く能力が低いと、そもそも何も喋れないのです。
    ※加えて、S&Wに付随する読み物や音声も、難易度に手加減はありません!

    以上のことから、日本人がTOEFL100点越えを目指すのであれば、リーディング&リスニング重視の学習が近道となり、全体のスコアも伸びやすいです。

    リーディング&リスニングでスコアを稼ぎましょう。
    合算で9割(54点)は取りたいです。

     

    Sの独学スコアアップは困難

    スピーキングは僕たちにとって、最もスコアを上げにくいセクションです。

    実際僕もそれなりの時間を割き、オンライン英会話なども使って試行錯誤しました。
    しかし、他3セクションのスコアが伸びていく中、スピーキングだけはあまり改善が見られませんでした。

    僕は元々、英語を喋ることに抵抗はありません。
    ですがTOEFLが見ているのはコミュニケーション力ではなく、本質的(essential)かつアカデミック(academic)な英語の運用能力です。
    流暢に喋れても、求められている評価ポイントから乖離していることがあるのです。
    そしてこれは、独学だと気づきにくいものです。

    もし最低目標となる22点からかけ離れている場合、TOEFLに精通したコーチに指導してもらう方がいいと思います。

     

    Wはシンプルに書いても、24点(8割)取れる

    ライティングで目指すべきスコアはまず24点(8割)です。
    8割程度であればシンプルな構成・内容であっても得点できるためです。
    ただし、英文法とスペルにミスが(ほぼ)なければ。

    目標を明確にしましょう。
    僕たちがまず取りたいのは100点です。110点や満点ではありません。

    そうであれば、僕たちが示すべき能力は
    「ほら。私、普通に正しい文章が書けますよ。」ということ。

    TOEFLは本質的(essential)な英語力を評価する試験。
    だから、この点はとても重視されます。
    ※未熟な論文テクニック・丸暗記した専門知識(?)は、大減点を招くことすらあります。
    人と機械、両方を用いて採点しているので、使い回されていそうなフレーズはデータベース化されているかもしれませんね。

    ショートカットせず、英文法を矯正しましょう。
    そうすれば、ライティングに特化した対策はせずとも、ある時を境にスコアは一気に24点以上に達します。

    僕自身も、それを経験した一人ですから。

     

    日々の学習時間

    • 英語力底上げ期間: ~2時間
    • 試験前4週間(平日): 2時間~
    • 試験前4週間(休日): 6時間程度

    英語力底上げ期間: 2時間

    • 英文法の強化: 1~1.5時間
    • 単語暗記: 30~40分

      TOEFL100点以上を目指すなら、最初の数ヵ月間は準備期間と捉え、腰を据えて英文法に取り組みます。
      そして同時に、TOEFL特有の単語も覚えていきましょう。

      英文法は毎日、1~1.5時間程度。
      単語は隙間時間も使い、30~40分割ければOKです。
      (僕も、電車の中で単語帳を開いていました。)

      すると、日々の学習時間は1.5~2時間程度。

      僕らでも、現実的に継続可能な時間になります。

       

      試験前4週間(平日): 2~2.5時間

      • TOEFLリーディング記事を1つ読む: 40分
      • TOEFLリスニング3タスクに回答 → シャドーイング: 1時間
      • *スピーキングを通しで1回分 → 復習: 1時間
        *時間があれば

      英文法の勉強が一区切りついたら、試験慣れを意識した学習をしていきます。

      リーディングとリスニングの練習は毎日。
      そして時間がある日は、スピーキングもやります。

      各練習には一度解いた過去問や、「Learn Toefl With Daniel」を使います。
      「Learn Toefl With Daniel」はPDFや音声のスクリプトが用意された素晴らしいコンテンツですが、所々エラー(PDFの内容、リンク先、音飛び、誤答など)もあるので、注意してください。

       

      TOEFLリーディング記事を1つ(約700words)読む

      リーディングスピードを上げることが目的です。

      1. 1記事を、6分以内を目安にブツブツ読む (約120wpm)
      2. 7~8分で、ゆっくりめにブツブツ読む (約100wpm)
      3. 単語・文法を調べながら、じっくり音読
      4. 5~6分で音読できるまで繰り返し練習 (約130~140wpm)

      ※wpm (word per minute): 1分間の読む単語数です。
      ※設問には答えなくてもいいです。答えるとしたら、②のあとにやりましょう。

      1点注意して欲しいのが、頑張っても③の理解度が9割に満たないようであれば、この練習はあまり意味がありません。
      英語力の底上げに、もう少し時間を費やすべきです。

       

      TOEFLリスニング3タスクに回答 → シャドーイング

      音自体を聞き取る力を上げることが目的です。
      内容理解のプロセスはリーディングと同じなので、そちらでカバーされています。

      1. まずは普通に回答 (3タスク分)
      2. 各タスク毎に、スクリプト確認
      3. 1回、オーバーラッピング(聞きながら同時に音読)
      4. 完成度9割以上になるまで、繰り返しシャドーイング

      ※最初は等倍で構いませんが、慣れてきたら1.25倍でやりましょう。

       

      *スピーキングを通しで1回分 → 復習

      スピーキングのスピード感と、メモ取りに慣れることが目的です。

      1. 回答&レコーディング
      2. レコーディングを聞き返し、内容を最適化したスクリプトを作成
        (うまく出来なかった2タスク分)
      3. 作成したスクリプトを制限時間内に喋る練習

      ※②のスクリプトは凝り過ぎず、現実的に制限時間内に喋れる内容に留めてください。

       

        試験前4週間(休日): 6時間程度

        1. 過去問を通しで解く: 180分
        2. スピーキング復習: 90分
        3. ライティング復習: 60分

        ※②③の復習では、自分なりに単語・文法・内容的に完璧な文章を作ります。
        さらに②については、制限時間内に言えるようになるまで繰り返し練習します。

        toefl-practice-online13

        週に1度は、公式問題集を利用して過去問を解くようにしましょう。

        写真の青い本はETS公認ガイドブック(日本語版)です。

         

        赤い本は過去問で、Volume1・2と2冊あります。

        created by Rinker
        McGraw-Hill Education
        ¥3,954
        (2020/09/28 21:03:25時点 Amazon調べ-詳細)

        created by Rinker
        McGraw-Hill Education
        ¥4,414
        (2020/09/28 12:01:23時点 Amazon調べ-詳細)

        ※こちらから購入する場合は、以下の点に注意してください!
        ETS公認ガイドブックは、最新かつ模試が1回分多く収録されている第5版を選んでください。
        過去問については、eBook版がおすすめです。
        リーディングのPDFがあり、リスニングの音声も分かれているため、復習がやりやすいです。
        eBook版は
        TOEFL公式サイトからしか買えません。上記リンクは使わないでください。

         

        月に一度は模試も受けてみよう!

        進歩確認とモチベーション維持のため、月に一度くらいは模試を受けてみるといいでしょう。

        TOEFL Practice Onlineという、TOEFLの公式模試が約5,000円で受けられます。
        また自身の経験から、スコアの信頼性もかなり高いと言えます。

        詳細は以下の記事をご覧ください。

        toefl-practice-online
        【料金&受験方法を解説】TOEFL Practice Online(公式オンライン模試) TOEFLの模試を受けてみたいけど、いくらかかる? 実際に受けるまでにやることが多い・・・ちょっと誰か教えてください(...

         

        あとがき (物語調)

        「英語は世界レベルだよ。」

        eiken-certificate

        英検1級を取った時。
        「さすがにもう、英語はいいかな?」と思った。

        その一方で、英語が圧倒的にできるようになった手応えはなく、少し虚しかった。

         

        「英語の勉強は、いつまで続くんだろう。

        何をすれば『英語をマスターした』と感じるのだろう?

        ・・・世界のレベル感とかって、どうなんだろう?」

         

        • 英検1級
          →「日本で、英語ができる人」
        • TOEICで900点以上
          →「東アジアで、英語ができる人」
        • TOEFLで100点以上
          →「世界で、英語ができる人」

         

        TOEFLスコア100点は、アメリカ超名門大学の入学条件。
        マサチューセッツ工科大学・スタンフォード大学・ハーバード大学などがその一例。

        もちろん、そこで学ぶ超エリートたちに僕が敵うものは何一つない。
        でも、英語に関しては彼らと同じレベルに並べる・・・もしTOEFL100点を突破できたならば。

        「少なくとも、英語は世界レベルだよ。」と、言える自分になりたい。

        それを英語学習のゴールにすることにした。

         

        社会人の戦い方 ~時間と予算を見積り、実行する~

        英検3級に3回落ちた中学時代。
        それから数えれば、もう20年近くの付き合いになる英語学習。
        これにけじめをつけるため、僕はどんな手段を使ってでもTOEFL100点の壁を越えたかった。

        「できる・できない」ではなく、「絶対に超える」
        その先に進むために。

        僕はこういう時、程度の問題こそあれ、全力を出すようにしている。
        その”全力”の中には、経済力・情報量・人脈・環境的などすべてを含む。

        「あの時、もう少し本気を出しておけば。。」

        将来の自分に、こんな後悔を背負わせたくはない。

         

        今回、僕にはTOEFLに全振りできる時間的リソースはなかった。
        ただ幸いなことに、ある程度使えるお金、そして勝つための情報があった。

        短期間でTOEFL100点越えの実績を多数残し、20年以上に渡り日本人エリートたちをサポートし続けるスクールが、港区にあるの。
        元から顔見知りでもあった信頼できるスクール、「Liberty English Academy」。

        「ここなら絶対に達成できる。」

        すぐに連絡を取った。

        闇雲に進めるのではなく、目標の数字を決めたら、時間と予算を見積もって実行する。
        これが社会人の戦い方だ。

         

        総力TOEFL
        ABOUT ME
        スタイル
        スタイル
        英語好きのプログラマーです('ω')ノ (英検1級, TOEIC 955, TOEFL 104)