私の英会話体験談

【私の体験談】プログリット(PROGRIT)を3ヵ月続けた感想|30代男性

top-progrit

プログリット(PROGRIT)について

概要

プログリット(PROGRIT ※以下、プログリット)はレッスンの行わず、コーチングのみに特化したユニークな英語サービスです。
具体的には、第二言語習得論・応用言語学に基づいた効率的な自習方法(学習カリキュラム)を提案し、それに沿った学習サポートを行います。

カリキュラム作成および学習サポートを担うコンサルタントの質は、業界内でも最高水準です。

仕事ですぐに英語が必要なビジネスパーソンから人気を集めており、2016年のサービス開始からこれまで(2020年10月)で9,000人以上が受講しています。

≫公式HP: プログリット (PROGRIT)

 

料金

入会金
受講料
1ヵ月の目安(※)
総額
面談回数
2ヵ月プラン 3ヵ月プラン
¥50,000 ¥50,000
¥328,000 ¥468,000
¥164,000 ¥156,000
¥378,000 ¥518,000
8回 12回

※税別です。
※別途、外部サービス(オンライン英会話)費用が月に6,000円程度かかります。
月謝制ではありません。

 

基本情報

開校時間 12:30~21:00 (平日)
9:30~18:00 (土日)
教室一覧 公式HPをご確認ください
受講日程 固定制 (振替可)
講師 日本人
体験内容 ヒアリング: 5分
英語力判定: 20分
料金・カリキュラム説明: 25分
質疑応答: 10分
計: 60分

※GW・お盆・年末年始休みあり。

 

私について

自己紹介

コンサルティングファームで働いており、IT系の部署に所属しています。

年齢は30代です。

学生の時、英語はある程度得意で好きでした。
「できるから、楽しい!」という感じです。

高校生の時、交換留学プログラムを利用してニュージーランドに2週間ホームステイに行ったこともありました。
当時はなにも考えず、現地の高校生と英語でコミュニケーションが取れていた気がします。
とはいえ、まれに相手を困惑させてしまうこともありました。

みんなで遊園地かどこかに遊びに行った時、私がグループの代表としてお金やチケットを管理していました。
これについて、ニュージーランド人の高校生が「Don’t you trust me?」と冗談を言ってきた際、私はNo!と答えました。
すると、相手の顔がみるみる曇っていったのです。

今となれば、日本語と英語の「YES / NO」が逆だったため、相手には「私はあなたを信用していません!」と聞こえていたのだなぁ、とわかるのですが・・・
それでも表情やボディーランゲージから察してくれたようで、上手く乗り切ることができました。

英語力のピークは高校時代だったと思います。
大学に入ってからは授業以外で英語を使うことがなくなり、徐々に落ちていきました。

 

英会話をはじめた、きっかけ

転職がきっかけです。

前職はドメスティックな会社でしたが、現職は大口のクライアントにグローバル企業(USやアジア)が多く、そういった案件ではビジネスレベルの英語が求められます。
また昇進・昇格をするにあたっては、こういった案件に携わる必要があります。

現職の応募条件や面接に英語は求められませんでしたが、念のため入社前の1ヵ月くらいはGABA英会話に通いました。

GABA英会話に通った後、日常的な英会話に対してある程度自信がつきました。
しかし入社するとすぐに、「ヤバい・・・ビジネスではまだまだ通用しない。」と気付き、緊急で英語力を上げる必要がありました。

 

利用した期間

2019年5月から2019年8月まで、学習期間としては3ヵ月間(12週間)通いました。

 

掛かった費用 (総額)

3ヵ月のプランに申し込み、費用は入会金などを含めて50万円強かかりました。
私の場合、この料金には以下が含まれていました。

  • 2回の「VERSANT(※1)」受験料
  • 3冊の単語帳
  • 3冊の瞬間英作文

多読をする際に使用した「ラダーシリーズ(※2)」の本は、レンタルでした。
オンライン英会話は「NativeCamp」を使いましたが、こちらの料金は別途必要でした。

※1 VERSANTはビジネス英語のスピーキングに重点をおいたテストで、楽天などが導入をしています。
※2 ラダーシリーズは使用語彙数を限定して書かれている、主に多読目的で使用される英語の読み物です。

 

選択したコース

ビジネス英会話コースに3ヵ月間通いました。

 

プログリットを選んだ理由

Facebook広告

当時、私のFacebookにやたらとサッカーの本田選手と共にプログリットの広告が出てきていました(笑)

progrit-review1-1

私自身サッカーは好きですし、また英会話スクールを検討している時期でもあったので、とりあえずプログリットの無料カウンセリングを受けてみることにしたんです。

カウンセリングではまず、現在の課題と目標のヒアリングが行われました。
私の目標は、「ビジネスの中で、英語でコミュニケーションが取れるようになること」でした。
具体的には・・・

  • リスニング: 話の詳細まで聞けるようになる
  • スピーキング: 要点を伝えられるようになる

 

ヒアリングの後はアセスメント(英語力の判定)があり、そしてその場で今後3ヵ月間続けるカリキュラムを提案されました。
これが非常に説得力がある内容であり、またおおよその費用感は知っていたため、
「良さそうだなぁ。費用は約50万円・・・まぁ、いいか。」と即決しました。

他社との比較はしていません。
私は何かを決める時にあまり比較をせず、良いと思ったらすぐに決定するタイプです。
そのため、スクール選びにあまり時間を要しませんでした。

 

    カリキュラム

    レッスン

    レッスンはありません。
    週1回は校舎に行きましたが、それもテストがメインでした。
    やることは毎週同じで、所要時間も40~50分くらいです。

    <毎週の面談内容>

    • 1分スピーチ
      (「How was your weekend?」「What is your favorite country?」などの質問を、
      30秒で考えて1分間喋る。)
    • 単語テスト
    • 瞬間英作文のテスト
    • 1週間自習して、分からなかったことの質疑応答

       

      ホームワーク

      プログリットは自習がメインです。ホームワークは毎日3時間求められます。
      ※正確には、週21時間分(3時間*7日間)を1週間の中で分散してこなせればOK。

      内容はプログリットのメソッドに沿って、最初に3ヵ月分がすべて決まっています。
      私の場合、主な内容は以下でした。

      <毎日のホームワーク>

      • シャドーイング(TED) 【60分】
      • 多読(ラダーシリーズ) 【30分】
      • 単語(金のフレーズ&キクタン) 【30分】
      • 瞬間英作文 【30分】
      • オンライン英会話(NativeCamp)【30分】

         

        毎週、英語の勉強をやる時間と場所(自宅 or 電車内など)を明確に決め、それに沿って自習を進めます。
        勉強をはじめる前には、「これから○○をやります。」とコンサルタントにLINEを送り、終わったら「○○終わりました。」と再びLINEを送ります。
        送ったLINEに対してのフィードバックは、遅くとも翌営業日中には返ってきました。
        ※ダイエットのRIZAPが、食べたものを逐次報告するようなイメージです。

        個人的に気に入ったのは、シャドーイング教材として用いたTED音源を短く(30~40秒)切って、スクリプトと共に提供してくれた点です。
        最初はTEDだと知らずにやっておりました。
        TEDなので内容も興味深く、かつ元々は3~5分間の音源を学習用に最適化した形で用意してくれたのは良かったです。

         

        講師・スタッフについて

        講師

        担当コンサルタントについては、「若いなぁ!」というのが第一印象です。
        おそらく、社会人経験もあまり無い(2年くらい?)のではないかと感じました。

        英語に関しては、メチャメチャ上手でした。
        中高6年間をアメリカで過ごし、帰国してからすぐにプログリットで働きはじめたようです。

        淡々とカリキュラムを進める方でしたが、LINEのレスポンスが早く、翌日までにはしっかりとした長文でフィードバックをくれました。

        また決まったカリキュラムはありましたが、それでも

        「単語暗記のペースが速いから、少し早いけど次の1冊に進みましょう。」

        「今回はシャドーイングがとてもキレイにできているので、次に進みましょう。」

        など、パーソナライズしてくれる柔軟さもありました。

         

        こちらが予定の学習スケジュールをこなせなくても、強く言ってくることはありませんでした。
        ただ、「残りあと◯週間です。目標に対しては、こうあるべきですよね。」ということは言われました。
        イヤミっぽい言い方ではなく、大人の会話として努力をほのめかす感じでした。

         

        スタッフ

        スケジュール変更などもコンサルタントと直接LINEでやり取りをするため、スタッフさんとかかわることはありませんでした。

         

        その他

        授業の受けやすさ (振替など)

        毎週の面談は、基本的には固定です。

        「この曜日のこの時間は、空けておいてください。」と言われます。

        ただ、調整は可能です。
        その場合はLINEで連絡し、直接コンサルタントと相談します。

         

        イベント

        在学中はありませんが、卒業後は受講生が集うイベントなどもあります。

         

        ぶっちゃけ、上達しましたか?

        仕事で臆せず英語が喋れるようになった!

        受講前の目的を達成できたという自覚があり、結果には満足しています。
        仕事の英会話についていけるようになったし、瞬間英作文の効果なのか、頭で考えなくても言いたいことが口から出るようになりました。

        もちろん今でも聞き取れないこと、うまく言えないことはたくさんありますが、会議にも臆せず参加できるようになりました。
        そういう意味では、自信がついたのが一番嬉しかった点です。

        数値としては、VERSANTスコアが34点から41点になりました。

        また私は会話に重点を置いていたため、読み書きは単語以外はやっていないのですが、英文メールの読み書きなども、以前より自然にこなせるようになりました。

         

        まとめ

        プログリットの良い点

        良い意味で、追い込める環境を作ってくる点です。

        逐次報告をしなければならず、またそれに対してレスポンスが早く返ってくるので、こっちも「やらないといけない!」という気になります。

        コンサルタントの距離感も良かったです。

        「自分で納得して『できる』といった学習スケジュールなんだから、やってくださいね。」

        「やらないと、あなたは50万円も払って機会損失しているだけですよ。損をするのは、私ではなくあなた自身ですよ。」

        こういったことを直接言ってくるのではなく、暗に示しつつ励ましてくれる雰囲気があり、私にとってはそれが良いプレッシャーになりました。

         

        プログリットの悪い点

        レッスンがないので、本当に自分次第な点です。
        サボっちゃう人はサボれちゃう・・・
        マンガ読んでて「多読しています!」と報告することもできるので、人によっては効果が薄いかもしれません。

        私自身も、やはり最初の1ヵ月半くらいはちゃんとやっていたけど、最後の方はだれてきてしまいました。

        当時は飲み会も一切行かず、スケジュール的にけっこう無理はしていたと思います。
        また後々聞いた話ですが、毎朝8時からシャドーイングをはじめる私に対し、妻も気を遣っていたそうです。

         

        検討している方へ

        強制的に「やらなければいけない環境」に追い込まれるので、意識高く自律してやれる人にはいいサービスだと思います。

        一方で、手鳥足取りやって欲しい人には向かないかもしれません。
        体育会系みたいにストレートな言動でモチベーションを高めてくれたり、引っ張ってくれるわけではありません。

        その辺の「合う・合わない」は、自分の性格や生活ペースで判断すると良いと思います。

         

        「50万円払っても、やらなかったら自分のせい。相手のせいではない。」

        こういったマインドで臨める方は、プログリットで満足した結果が得られると思います。

        50万円は高かったけど、終わってみて不満はありません。
        私は、良い決断をしたと思っています。

        ≫公式HP: プログリット (PROGRIT)

        ABOUT ME
        スタイル
        スタイル
        英語好きのプログラマーです('ω')ノ (英検1級, TOEIC 955, TOEFL 104)