私の英会話体験談

【私の体験談】DMM英会話を8ヵ月続けた感想|30代男性

top-dmm

DMM英会話について

概要

DMM英会話は2012年にスタートし、現在は約6,500名の講師が在籍する、大手のオンライン英会話サービスです。

講師は120以上の国から採用されており、この多様性はDMM英会話の大きな特徴となっています。

≫公式HP: DMM英会話

 

料金&基本情報

月額 ¥6,480
(1日1回・25分)
入会金 ¥0
教材費 ¥0
レッスン
提供時間
24時間
講師 ネイティブ含む
120カ国以上
体験回数 2回 (無料)

※税込みです。

 

私について

自己紹介

現在はフリーランスのライターとして活動をしています。

年齢は30代です。

話すと少し長くなるのですが、僕は元々システムエンジニア(SE)をしておりました。
しかし何年か働いているうちに、SEとして働くことで多くの時間を仕事に取られていることに疑問を持ち、キャリア変更を考えるようになりました。

当時少し興味があったのが、インテリアデザインでした。

まずはインテリアデザインを学ぶために、学校に通ってみたいと思ったのですが、その時勤めていた会社では時間的に不可能でした。
そのため同じ職種ですが、もう少し時間がコントロールできる社内SEの仕事を見つけて転職し、それから学校に通うようになりました。

学校に通い始め、授業の中で色々な国のインテリアを見ているうちに、今度は海外に行きたいという気持ちが湧いてきたんです。なかでも、デンマークに強い興味を持ちました。

「いつかはデンマークに住んでみたいな。」

そんな風に思うようになっていました。

 

それからまた数年が経ち、僕が30歳になる前の時。

「やっぱり、デンマークに行ってみよう!

30歳までならワーキングホリデービザで行ける。行くなら、今だ!

そう思い、仕事を辞めてデンマークに行くことを決意しました。

 

デンマークに行く前、現地の情報を調べようとしたのですが、あまり有益な情報が出てこなかったんです。
そのため、後から来る人のためにも僕自身が情報発信をしてみようと思い、ブログ(※)をはじめることにしました。
※こちらがそのブログ、「ELUTAS × DENMARK」です。

このブログはデンマーク滞在中も続けていたのですが、結局これがきっかけで企業からもライティングの依頼が来るようになり、現在のライター職に落ち着くことになりました。

dmm-review3-1

 

英会話をはじめた、きっかけ

英会話について本格的に取り組もうと思ったのは、やはりデンマークに行くことを決めてからでした。

デンマーク人はみんな英語が喋れると聞いていたし、あとは英語を覚えれば、デンマーク以外の国に行く時にも使うだろうと思っていましたので、良いきっかけでした。

 

利用した期間

2017年3月から2017年12月までの、8ヵ月間利用しました。

 

掛かった費用 (総額)

僕が利用していた当時は、月々5,500円でした。
そのため、1年間の総額は44,000円です。
※現在、同一のプランは価格改定され、6,480円/月になっています。

 

選択したコース

スタンダードプラン(1日1回25分間のレッスン)を選びました。

 

 

DMM英会話を選んだ理由

友人の口コミ

アメリカで英語を使って仕事をしている友人がいて、彼が以前にDMM英会話をやっていたと言っていました。

他社との比較はしていないのですが、実際に英語を喋れる友人が使っていたサービスなので説得力があり、DMM英会話をやってみることにしました。

 

カリキュラム

レッスン

レッスンを予約する時に、そのレッスンでどういうことを学びたいか選ぶことができます。

僕の場合、最初の方はテキストを使うレッスンをやっていました。

テキストにはそれぞれレベルもあり、ラベリングされているのでそれを参考に選びます。
会話のシチュエーションも色々ありました。

dmm-review3-2

 

その後しばらくして慣れてきてからは、「たくさん喋った方がいいのでは?」と思い、フリートークばかりするようになりました。

実はDMM英会話では、予約時に自己紹介をするか、しないかを選ぶことができるんです。
毎回変わる講師とフリートークをする度に、自己紹介で10分くらい消費するのはもったいないので、この仕組みは良いと思いました。

フリートークの時はお題も何もないので、本当に自由に話していました。

 

ホームワーク

レッスン中にはチャットも使用することができ、会話で詰まったところがあると、講師がそこに指摘事項を書いてくれました。
僕のホームワークとしてはこれを見返すくらいで、他は特に何もしていません。

 

講師・スタッフについて

講師

DMM英会話はフィリピン人の講師が多いです。
ですが、他の国の講師もそれなりにいたので、色々な講師から習うことができました。

当時の僕はヨーロッパへの憧れが強かったので、ヨーロッパ系の講師ばかりを選んでいました。
またフィリピン人の講師も何度か試してみたのですが、僕にとってはとても聞き取りにくく、そんな経験もあってヨーロッパ系の方を選ぶようになりました。

 

ただデンマークに行く直前(DMM英会話を辞めた後)に、2週間だけセブ島へ短期留学に行く機会があったのですが、その時に現地で会話をしたフィリピン人の方々は英語能力が非常に高く、とても驚きました(笑)

 

スタッフ

サポートについては利用したことが無いので、あまりよく分かりません。

 

その他

授業の受けやすさ (振替など)

こちらのスケジュールの変更は、かなり自由にできました。

稀に講師側のスケジュール変更もありましたが、別の方をアサインしてくれて、スケジュールに穴が空かないように対応してくれました。

通信も安定していました。
もちろんオンラインなので、会話がワンテンポ遅れる程度のことはありましたが、レッスンに支障をきたしたことはありませんでした。

 

ぶっちゃけ、上達しましたか?

確実に最初の頃よりは上達を感じます

DMM英会話をはじめるまで、あまり外国の方と接する機会がなかったので、まずは「外国人との英会話に慣れた」というのが大きかったと思います。

くわえて、日常会話でよく使うフレーズなどはスラスラ出てくるようになりましたので、確実に最初の頃よりは上達を感じます。

ただ、正直なところ「もう少し伸ばせたのではないか?」とも思います。
当時は自分の中で「とりあえず毎日30分くらい喋ってたら、できるようになるだろう。」という甘い考えがありました。
本当はもっと積極的に、自習もするべきだったのかもしれません。

 

まとめ

DMM英会話の良い点

料金的にも高くなく、始める際のハードルが低い点。

また僕の場合は、ヨーロッパ系の講師と多く喋れたのも良かったです。

 

DMM英会話の悪い点

スケジュール変更が気楽にできたのは良かったのですが、逆にそれがアダとなり、仕事が忙しかった時にキャンセルが続いてしまった時期もありました。

強制力が無く、値段も高いわけではないので、気持ちが緩んでしまうことがあります。
そのため、自分を律しながら続けるのが少し大変でした。

 

検討している方へ

始めるハードルはかなり低いので、まずは1回やってみることをおススメします。

入会金も無く、1ヵ月単位で退会することもできます。
また再入会も出来るので、本当に試しにやってみるのがいいと思います。

≫無料体験はこちら: DMM英会話

 

デンマーク滞在と、その後・・・

DMM英会話の体験談談をシェアしてくれたTさんからは、デンマーク滞在中やその後についても教えていただきましたので少し書きたいと思います。

dmm-review3-3

 

元々はインテリアデザインから興味を持ち、渡航を決めたデンマーク。
ですが、現地ではインテリアデザインの学校に通わなかったそうです。

その代わりに「フォルケホイスコーレ(※)」という、デンマーク特有の教育機関でデンマーク語を勉強し、日常会話レベルまで喋れるようになったそうです。
※デンマーク発祥の「大人のための全寮制教育機関」です。詳しくはコチラをご覧ください。

デンマークのワーキングホリデー後は、ヨーロッパで2ヵ月くらい一人旅にも行ったとのこと。

dmm-review3-4

 

そして帰国後はライターの仕事をしており、現在は当初目的としてたインテリアデザインからは離れているそうです。

 

「今1つ興味があるのが、何かしらの形で海外に留学する人をサポートすることです。」

 

海外に実際行ってみて、住んでみて、経験してみて・・・
そこで自分が苦労したから、今度は誰かをサポートしたくなる。

Tさんとは境遇も似ており、僕も共感する点があります。

 

僕も20代後半でオーストラリアに行って、英語を頑張ってなかったら・・・

  • 今も英語は喋れない
  • 英語を人に教えることもない
  • メディアを通じて、英語で誰かの役に立ちたいなんて思わない
    “スタイルペディア(当サイト)“は存在しない

 

方法は違えど、僕もTさんと同じ気持ちです。

このメディアが、海外にチャレンジしようと思っている誰かの役に立ち、
少しでも背中を押すことができるよう、頑張っていきたいと思います。

スタイル
スタイル

「海外留学サポート」のサービス。
実際に始動する時を、楽しみにしていますよ(‘ω’)ノ

≫無料体験はこちら: DMM英会話