TOEIC

英語の先生が、TOEICリスニング『先読み』の効果を検証してみる|後編

toeic-listening-readahead-verification-ep3

「TOEICリスニング・問題文先読み」は本当に効果があるのか?
そして、どれくらいスコアが変わるのかを検証してみました。

先読み効果検証

 

  • 「TOEICのリスニングって、やっぱり先読みした方がいいの?」
  • 「本物のリスニング力が付いていれば、先読みなんて不要じゃない?
  • 「先読みを”する人”と”しない人”がいるけど、自分にはどちらがいいのだろう・・・」

 

僕自身も疑問に思っていた「TOEICリスニング・問題文先読み」の効果。

これについて【2019年7月28日(第242回)】のTOEICを利用し、検証してみました。

今回の記事では、検証結果を書いております。

なお、検証に当たっての条件などをコチラの記事に書いておりますので、先に読むことをおすすめします。

※3分で読めます。

結果

今回 (リスニング『先読み』・無)

今回(※)の受験結果、リスニングスコアは「470」でした。
※2019年7月28日(第242回)を受験。

toeic-listening-readahead-verification-score

 

前回 (リスニング『先読み』・有)

比較対象である前回(※)の結果、リスニングスコアは「495」でした。
※2018年12月09日(第236回)を受験。

toeic-result-201812

 

 

考察

変化率

リスニングパートで『先読み』を行わなかったことにより、どれだけスコアが下がったのかを算出します。

(以下、前編からの抜粋)

今回のスコアが出たら前回スコア(=495)との差を求め、以下の数式によって変化率を算出します。

変化率= (今回のスコア – 495) / 495 x 100

 

Part1&2で失点する可能性も、考慮に入れます。
よって、変化率「-5%」に満たない場合は”変化なし”と判断することとします。

 

変化率

(470 – 495) / 495 x 100 ≒ -5.05%

 

結論: それなりにマイナスの影響が出る

変化率は「-5.05%」でしたので、やはり影響を受けたと判断できます。

中編(試験の感想)で書いた通り、今回の受験におけて「Part1, 2」で失点している可能性はかなり低いです。(経験則ですが…)

そのため、Part3・Part4だけで-25点だったと思います。

 

また補足として、今回は過去1年間で受験した中で、最低のリスニングスコアとなりました。

試験回 リスニングスコア
2019年7月28日 (第242回) 470
2018年12月9日 (第236回) 495
2018年11月18日 (第235回) 475
2018年10月28日 (第234回) 485
2019年7月29日 (第232回) 485

 

toeic-result-in-2-years

 

 

以上を踏まえ、今回の検証目的に対する結論を述べます。

 

知りたいこと
  • リスニング問題の先読みにより、具体的にどの程度スコアは変化するのか
  • ある程度のリスニング力があれば、先読みは不要なのか

 

リスニングPart3, 4で問題の『先読み』を行わないと、行った場合に比べてスコアは落ちる可能性は高い。

ただし、ある程度のリスニング力が備わっていれば、大きく崩れることもない。

 

 

あとがき

今回のリスニングは、自分で思っていたよりも良かったです。

手応え的に450くらいまで下がる可能性も考えており、もしかすると900点台を下回るかもしれないとも思っていました。
プロフィールに「TOEICは、受験すれば毎回900点以上を取得できる」と調子いいことを書いているので、
「ヤバい、撤回しないといけなくなる・・・」と、ビクビクしていました( ゚Д゚)

 

やはり、僕個人の意見としては「リスニングPart3, 4の『先読み』はした方がいい」と思いますし、これから先もそう教えていくと思います。

僕の場合、リスニング音声が流れる前に、問題と選択肢をすべて読み終えて準備をします。
ただし実際これを行うには、速く読む力も必要になります。

速く読むのが苦手な方は、自分の読む速度に合わせて読む範囲(1 ~ 3)を決めて、リズミカルに解いていくといいでしょう。

少しでも先読みを行えば、まったく何もしない場合に比べてかなりアドバンテージがあります。

読む範囲 利点
0 無し 無し
1 設問3つだけ読む
  • 会話の情景がぼんやりとイメージできる
  • 聞かれる内容が分かる
2 設問1と4つの選択肢を読み、それから残り2つの設問を読む
  • 設問1の選択肢を読むことで、会話の情景が予想できる
  • 聞かれる内容が分かる
3 設問→4つの選択肢→設問・・・
この順ですべて読む
  • 会話の情景が予想できる
  • 会話の展開が予想できる
  • 注意すべきキーワードが分かる

    ※僕は「3」の範囲まで先読みしています。

     

    また別の記事で、具体的な先読みのやり方を音声付きで公開したいと思います。

    第242回のTOEICを受けたみなさま、お疲れさまでした(‘ω’)ノ

     

    先読み効果検証
    ABOUT ME
    スタイル
    スタイル
    英語好きのプログラマーです('ω')ノ (英検1級, TOEIC 955, TOEFL 104)